2016年05月16日

名古屋市営地下鉄、東山線の現状

ワンマン化工事が終わり、ワンマン運用が着々と進める一方で、逆に運転士だけでは対応しきれない課題が出てきました。
まず1つ目は自動運転です。ワンマン工事で最初に着手したものですが、ホーム柵設置後からATOを切った状態で運転するケースがあります。
ATOが故障した場合、手動運転できるようにするための"訓練"と言われてますが、遅延など運転を回復する際に、ATOだと回復が難しいと判断し、あえて手動にさせるようです。
しかし、手動運転だということを失うと、ホーム柵のエリア内を過ぎてしまい、停止修正を余儀なくされます。

この光景が見られるのは5050形です。電気系統工事だけで制御機器はそのままです。東山線の車両ではかなりのくせものと言えるでしょう。


2つ目は混雑駅での対応です。ワンマン運転に向け、運転士が扉扱いを行いますが、混雑の多い区間(特に名古屋〜栄)は運転士が扉扱いを行わず、車掌が行います。
ホーム上にモニターがあるので運転士が操作しても良いのですが、荷物や乗客などドア挟まりする可能性があるため、しばらくはこの状態が続くと思います。
また、運転士が扉扱いする時(または車掌が扉扱いする時)は運転台にある専用のフットペダルを踏む必要があります。放したままで操作すると車内の扉だけ閉まり、ホーム柵が閉まりません。
初めてホーム柵が着けられた高畑駅で、作動しないことがありました。運転士がペダルを踏み忘れが原因と考えられます。

ともあれ、東山線のワンマン運転は無事に開始できるでしょうか?
posted by ブイモン大〜好き at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月02日

1日の地震の新たな情報

1日に起きた地震ですが、朝の新聞で「今回の地震は南海トラフ地震と直結しない」と見解したそうです。
地震の震源地が"フィリピン海プレート内部"で起きたことから、「すぐに南海トラフ地震が発生することはない」と主張。
発生するのであれば、フィリピン海プレートユーラリアプレートの両者がストレスがかかり崩れると大地震となるという見かたです。
私もプレートの仕組みはよくわかってませんが、「引き続き注意が必要」とありましたので、油断は禁物ですね。
posted by ブイモン大〜好き at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月01日

新年度に重い空気

今日から新年度です。忙しい日に始まったのが…

IMG_0271.PNG
まさかの緊急地震速報
私は会社休みでしたが、皆さん大丈夫でしたか?
今回の地震、噂になっていた「南海トラフ地震」の関連性が高いそうです。
注意しなくてはなりませんね。
posted by ブイモン大〜好き at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記