2016年02月05日

名鉄バスの「バス」の使い方

長距離高速バスを新車に置き換えした名鉄バス。

最近では近距離を走る高速バスでも置き換えが行われてます。ただし長距離バスに比べまだまだ現役のため、耐用年数まで旧型車を使用すると思います。

IMG_0247.jpg

最初はこのバス。

IMG_1695.jpg

元々名古屋営業所のもので、運用に就かなかった代走用でした。

IMG_0190.jpg

お次はこちら。

DSCN0180.jpg

元々は名古屋中央営業所の名古屋〜関・美濃線で使われた車両。

この2台は津島営業所(主に長島温泉方面)に使用され、一般運用を終えると「三菱航空機」の送迎にも使用されます。

IMG_0331.jpg

津島営業所というとツーステのエアロスターで名古屋〜長島温泉間の高速バスですが、送迎用はエアロスターと決めているようです。しかしそれでは長島温泉行きの車両が足りなくなるため、エアロバスが混じって解消しています。


ここで問題なのが名古屋〜関・美濃線用の高速バス、どうすればよいか…。



こちらも解決は早いです。



IMG_0314.jpg

元はリムジンバス

IMG_0315.jpg

空港の名残を残し、関・美濃方面に行ってしまいます。



車両はこれだけではありません。

IMG_0191.jpg

空港行きと見せて

IMG_0191_2.jpg

関・美濃へ行きます。

栄とホテル周りのセントレアリムジンが定期営業を開始。代走車がらみに使っちゃえばいいのです。

IMG_2997.jpg

元の営業所は豊田です。定期リムジンバスも含め、セレガR(大型トランク車)は当営業所から転用されてます。



そして豊田営業所は、新車が入りました。



IMG_0310.jpg

名鉄バスセンターでは久しぶりのセレガ。

IMG_0312.jpg

後ろ
IMG_0311.jpg

車両番号

IMG_0313.jpg

「豊田営業所」と表示している運賃表。

べースは藤が丘〜空港線を走るスタンダード塗装ですが、アクセントピラーは付けてません。名古屋〜豊田線及び豊田〜空港線に新車が走っています。

旧型がいじられてるのはエアロバスで、セレガRは豊田営業所に留まってます。
posted by ブイモン大〜好き at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173523526
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック